災害時の太陽光発電利用のメリットと限界

太陽光発電の大きな売りとしては日々の電気代の節約や売電による収益などが主なものでしたが、防災意識の高まりと共に太陽光発電のメリットの1つである災害時の利用も注目されています。

災害により送電がストップした際に自立運転により電力を自給出来る点は太陽光発電の大きな強みの1つですが、これらの機能は決して万能なものではなく、太陽光発電に出来る事と出来ない事をしっかりと事前に把握しておくことが災害時には大切になります。ここでは太陽光発電を災害時に利用する際のメリットや注意点について見ていきましょう。

災害時に電力会社からの送電がストップした場合、太陽光発電は自立運転を行い電力を確保します。この働きによって災害時に電力を自給出来るということは前述の通りですが、これは通常時と変わらないということは意味しません。

災害時には電子レンジやテレビなどほとんど意識することなく高出力の電化製品を使用しますが、自立運転の際の使用電力の上限はおよそ1,500w程度です。

そのため大きく電力を消費するオーブンレンジや大型テレビなどを同時に利用すると供給できる電力の上限に達してしまいます。また当然太陽光発電は昼間にしか発電を行うことは出来ず、夜間や極端に曇天の際には利用出来ないので事前に携帯電話などの充電を昼間に済ましておくなどの配慮が必要です。

このように太陽光発電は災害時に頼りになることは事実ですが、電力会社からの安定した供給とは性質が全く異なるものということを知っておくことが大切です。もちろん限界はあるものの、非常時には非常に頼りになる存在であることは事実です。実際東日本大震災の際には太陽光発電を導入している家庭が、周辺の住民の方の携帯電話の充電をカバーしたという話もあるので、万が一の際の備えとしては十分な設備となっています。太陽光発電を導入するメリットや目的はいくつも挙げることが出来ますが、非常時の備えが叫ばれる中ではこうした災害時の働きも背中をひと押しする材料になっています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です