太陽光発電を購入したら蓄電池も導入したほうが良いのか?

現在、ガスなどを使用しているご家庭でこれから太陽光発電を購入しようと考えている方、あるいはすでに太陽光発電が設置されているご家庭の中には蓄電池も導入したほうがいいのかとお悩みになっている人もいるかもしれません。実際のところどうなのかを解説していきたいと思います。

太陽光発電を購入したら蓄電池も導入したほうがいいのか?答えは人によってそれぞれであると言えます。

なぜかというと蓄電池を導入するのにもメリットとデメリットがあるからです。メリットとデメリットを知ることで、蓄電池を導入するのがいいのか導入しないのがいいのかの指針になります。

蓄電池のメリットは停電が起きたときでも安心であるということです。太陽光発電だけしか導入していない場合、停電になってしまうとガスがなければお湯も沸かすことができなくなります。

また、冷蔵庫やテレビなども見ることができません。しかし蓄電池で蓄電していれば停電になったとしても電気を使うことができるのです。

一方、蓄電池のデメリットとしては導入するための費用がかなり掛かってしまうということです。充電電池のようなものですから定期的な交換が必要になるので結構コストがかかるのです。

たしかに安い蓄電池もあるのですが、そういったものは蓄電できる容量が少なかったりしていざというときに頼りにならない場合もあります。

このように太陽光発電を購入して蓄電池を導入するのにはメリットとデメリットがあります。一つだけ言えることは、蓄電池を購入することで儲けるということは考えないほうがいいということです。

確かに太陽光発電との組み合わせによって売電量をアップさせたり購入電力を下げるようなことはできるのですが、蓄電池の導入費用を考えるとそう簡単に元を取るということはできません。

それよりも、いざというときに蓄電池があったら助かるなと思う人であれば太陽光発電と一緒に導入してみるほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です