太陽光発電はどれくらい耐用年数があるの?

これから太陽光発電の購入を考えている人の中には太陽光発電はどれくらいの耐用年数があるのか気になるという人もいると思います。コストのことを考えての導入であればなおさらで、耐用年数が長いか短いかが導入するかの基準になりえます。そこで太陽光発電はどれくらいの耐用年数があるのかを説明したいと思います。

一般的な太陽光発電は、ソーラーパネルとパワーコンディショナーが消耗品になります。法定耐用年数は17年となっているのですが、実際はそれ以上の耐用年数がある場合がほとんどです。とくにソーラーパネルのほうは30年以上持つこともそんなに珍しいことではありません。これが太陽光発電の良いところといえます。

ただし、ソーラーパネルは長年使用し続けていると経年劣化してくる場合が普通です。だいたい10年から20年ほど使用したソーラーパネルの場合は発電量が減少します。ではどれくらい発電量が減少するかというと、だいたい10パーセントほどと言われています。いきなり10パーセントと言われたら結構減少するなと思うかもしれませんが、長年使用し続けてその程度しか発電量が減少しないのですから非常に長持ちするものなのです。

もう一つの消耗品であるパワーコンディショナーについてですが、こちらはだいたい15年程度が寿命と言われています。ソーラーパワーと違って機械が駆動しているものなので寿命が短くなってしまうのです。とはいえ、15年程度というのはあくまでも目安の寿命であり、大切に使用することで20年以上故障しないという場合もあります。こちらも長持ちするものということが言えます。

もちろん太陽光発電は使用する環境によって劣化したり故障したりが早くなってしまうことはあります。でも、普通に使用しているのであればとても壊れずらいですし耐用年数が非常に長いのが魅力です。太陽光発電を導入する場合は、それらのことを踏まえて導入するのが良いのかどうかを検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です