太陽光発電のこれから

太陽光発電はクリーンなエネルギーというだけでなく、お得なエネルギーとしても注目されています。
ただまだコスト的に高くなる太陽光発電をはじめ再生可能エネルギーを普及させるために、固定価格買取制度を設けています。

この固定価格買取制度というのは、太陽光発電のような再生可能エネルギーで発電した電力を電力会社に一定期間その価格で売ることができる制度です。

現在10kw未満であれば10年間、10kw以上であれば20年間価格が変わらずに売電ができるのです。
このように太陽光発電はただ自宅の電力をお得にするだけでなく、売電して収入にもなるため多くの方に注目されています。

ただ問題点はこの固定価格買取制度の期間が終わった後です。

電力会社がこのまま電力を買取してくれるかはまだわかりません。

10年で初期投資をまかなえて、なおかつ自宅の電力を補えて利益が出ればよいのですが、おもったより発電できずマイナスになってはもったいないですよね。

太陽光発電を設置するかどうか迷うところでもあります。

本当に太陽光発電はお得なのか可能性を考えてみましょう。

固定価格買取価格が終わったあと、電力会社はそのまま電力の買取をやめるかというと、そうは言い切れません。

確かに今までより買取価格は安くなるとは思いますが、どの電力会社も全く買い取らないということはないのではないでしょうか。

そして2016年から電力自由化が始まりました。

これにより電力の供給事業も増えていき、好きな電力供給業者から電気を買うことができるのです。

そのためクリーンなエネルギーを使うことを売りとした新事業者もでてくるかもしれません。

電力自由化でこれから電気のあり方がどうなるかわかりませんが、ありえないとはいいきれませんよね。
また、これから電気自動車もどんどん普及していくことでしょう。そうなると自宅で発電して自宅で充電なんてことも一般的になるかもしれません。

このように太陽光発電はまだまだ可能性を秘めていると言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です