太陽光発電で損しない為に知っておくべきポイント

昔は珍しかった太陽光発電ですが、今では設置している家を見かける機会も増えてきました。
環境問題に警鐘が鳴らされ、原発への関心も高まる中、興味を持って設置するに至った人が
増えた事が影響しているのかもしれません。

初期費用や元が取れるかどうかは、各家庭で使用する電力量が違ったり
設置できる面積や屋根の形、施工依頼する業者によって個性が出るので、一概には言えません。
なので、太陽光発電を設置するか検討中の場合、まずは知っておくべきポイントをまとめておきます。

<設置費用は様々。必ず複数社に見積もりをとる>

太陽光発電の発電量は、パネルを設置する場所にどれ位の時間日光が当たるか、天候はどうかなど
あまり安定しているとは言い難く、地域によってかなり差が出ます。
また、屋根の形によって設置できるか、設置出来たとしてもとりつけしにくい屋根の場合は
施工費用が上がります。

ですが、我々一般人にはどういう形なら安くすむのか、どれくらいの日当たりがあれば良いかは
全く予想がつきません。なので、必ず複数社に見積もりを取り、丁寧に疑問に答えてくれる所が良いです。
この場合、安ければ良いという訳ではなく、パネルのメーカーは海外なのか国産なのか等もよく考えて
選ぶようにしましょう。

<補助金は出るのかどうか>
これはお住まいの自治体によります。ネットで検索すれば、補助金が出るのかすぐ分かりますので
とりあえず検索してみましょう。補助金が出るから大丈夫!と思っても、数年後引っ越しの予定が
あるなら再検討です。太陽光発電はどうしても初期費用がかかってしまいますので、元をとるためには
10年以上は引っ越ししない確約がある方が安心です。

<停電しても使えるのか>

お天気が良くて発電出来ている状態で、かつ自立運転モードに切り替えが出来るタイプなら
仕える電力に限りはありますが、停電中でも使用可能です。
夜間や発電出来ない程お天気が悪い時に停電した場合は、使用できません。

<さいごに>
決して安い買い物ではありませんので、太陽光発電設置には二の足を踏んでしまいますが
デメリットを確認した上で、それでも必要だと思ったなら、業者をじっくり検討して設置がおすすめです。
特に、これからお家を建てる方や、まだお子様が小さく、これからどんどん使用電力が上がりそうな方には
本当に良い買い物です。家族が増えると、特に個室を使いだすと本当にビックリする位電気代が上がります。
電気代を気にし過ぎず冷暖房を使える事は、生活の質を上げてくれますし、心のゆとりにも繋がりますので
是非検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です