太陽光発電から見る日本の技術

太陽光発電はここ最近で、省エネルギーや光熱費削減といったメリットから非常に注目されています。国家からも省エネルギー措置として、勧められています。

今や、当たり前のように勧められている太陽光発電ですが、昔から技術開発は盛んだったわりには、注目されない分野だったってご存知でしょうか?

日本の企業は、国が全面的に太陽光発電を推す以前から、太陽光発電に注目していました。世界各地で技術開発を行われ、少しでも発電効率の良い製品を作り上げようと躍起になっていました。

日本もその流れにのり、技術開発を行っていました。

そして、ついに、当時では世界一の発電効率を生み出したのです。昔から物作り大国日本と呼ばれていましたが、やはりその製品の質は、他のどこの国にも負けない、非常に素晴らしい性能を作り出すことができたのです。

この技術は世界に売れると、自信を持っていたのですが、いざ売ろうとしても、日本の政府が太陽光発電にあまり興味を示していませんでした。

そのうち、国が推さない事業は次第に廃れていき、日々進化する他国の製品には敵わなくなってしまいました。太陽光発電はヨーロッパ諸国の方が発達しているという認識はこの頃か、作られました。ヨーロッパは昔から政府が太陽光発電を省エネやエネルギーの安定確保の面から推奨しており、発展しやすい環境だったのです。

日本政府がもっと支援していたら、日本の太陽光発電ももっと普及していたのかもしれないと思うと残念でなりません。

また、太陽光発電が注目されだした最近でも、日本政府の動きは良いとは言えません。平成25年までは家庭で太陽光発電を設置する際に、助成金が発生したのですが、今はその措置がなくなってしまいました。

家庭で太陽光発電を設置しようと思うと、長期的にはお得になりますが、やはり初期費用が高額なため、手が出にくいものであります。家庭で太陽光発電がもっと普及したら、企業はもっと性能の良いものを作り安いし、日本の技術はもっと発展すると思います。

太陽光発電は省エネやエネルギーを安全に確保できるという、国にとってもメリットは大きいものです。国がもっと支援してくれると、普及は早いのになと思うこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です