保証内容で比較する太陽光発電

太陽光発電を導入する際には様々な費用が発生しますが、導入時だけでなくその後もメンテナンスや修理など場合に応じて様々な費用が必要になります。

もちろん太陽光発電が適切に稼働し始めれば、日々の電気代の節約や売電による収入などがあるので一方的なマイナスにはならないものの、こうしたアフターケアや修理などにかかる費用によってトータルでの収支が大きく歪められることがあります。太陽光発電を導入する方はほとんどの場合、事前に収支のシミュレーションをしていますが、こうした予想外の出費が黒字を赤字にしてしまうこともありますので、導入の際にはこれらを見越した上で決定する必要があります。

そのため太陽光発電のメーカー選びの際には保証内容で比較するという考え方も重要になります。保証内容はどうしても枝葉の話になりがちで、単純な費用や発電量に目が奪われますが、前述の通り保証内容の有無や良し悪しによってトータルでの収支が大きく変わることがあるので、こちらも同様に大切な事として各メーカーを比較することが大切です。

メーカーによって保証内容は本当に様々ですが、ほとんどの場合メーカーにより10年から20年の保証が付いています。

しかし、メーカーによっては設置後の年数によって修理費用が有償と無償が切り替わったり、点検の際に費用が発生したり保証内容にかなりの差があります。また保証の対象になる事象についても、災害による損傷が対象外になるケースなど個別の事例によることが多いので、細かな契約内容も把握しておくことが必要です。

このように太陽光発電を導入する上ではメーカーによる保証を事前に把握することが大切です。単純な価格差や性能差はこうした保証内容によって優劣がひっくり返るということもよくあるので、事前に何を重視するのかを十分吟味した上でより最良なメーカーを選ぶという姿勢が求められます。場合によっては損害保険の契約など追加で考慮すべき点も出てきますが、災害やトラブルを無いものと考えず入念な想定をした上でお選び下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です