リスクの低さが特徴の太陽光発電

何であるにしても発電というのは基本的に燃料を燃やしてタービンを回すという事になります。水力発電の場合は水の力ですが、火力発電の場合は燃やすという事になるんですね。当然原料は日本国内には殆んどありません。

石油が全く取れないという訳ではなくて一部には存在するのですが、実用的な量が取れるわけではないのです。よって外国から輸入するというのが殆んどになっていますね。石油、石炭、天然ガスがその主なものという感じになります。

日本が経済大国であり続けるのであればこの様な方法でもいいのかも知れませんが、やはり様々な事態に備えるという意味で太陽光発電を普及させておくべきではないかと思うのです。

もし何らかの理由により輸入が難しくなった場合でも自国で発電できれば何も困らないですからね。一見効率がいい火力発電の方が何かあった時のリスクというのは大きいものなのです。

一方こちらですとデメリットはあるにしても急に発電できなくなってしまうなどという事はありません。

また各地に分散してあるというのもメリットの1つでしょう。

もし現在の発電所がテロにあったという事を想定してみてください。

そうするとあっという間に辺り一面が停電という事になってしまいます。これは1ヶ所で発電した電気を広い範囲に届けるという仕組みがあるからです。でもこれを各地で分散させればどこか1箇所が破壊されたとしても、それで広い範囲が停電してしまうという事態を避けることができます。

これはある意味でインターネットの仕組みに通じるものがあります。ネットではどこか1箇所が破壊されても迂回ルートがありますから、そちらの方で通信が可能なのです。発電というのも今後この様な仕組みになってくるのではと思います。

その実現のために欠かせないのが、やはり太陽光発電でしょう。まだ総発電量は多いとは言えませんが、今後のポテンシャルというのは極めて高いと言えます。この流れを加速すれば早い内に理想的な電力網を作れることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です