太陽光発電に向いた土地と向かない土地

太陽光発電に向いた土地と向かない土地

太陽の光を利用して行う太陽光発電は、安定して降り注ぐ日光を必要とします。

日光であって気温でも熱でもない所がポイントで、寒くても風が強くても、長時間にわたって日光が太陽光パネルにあたる地域の方が、太陽光発電を行うに向いた土地となります。

反対に夏の暑さはピカイチでも、雨もぐずついた曇りの天気も多いエリアは太陽光発電に向いているとは言い難く、そうした場所でパネルの設置を考えているのなら、収支がマイナスになる覚悟もしなくてはなりません。

ただし雨が降っていても太陽が出ていさえすればいいので、お天気雨の日は太陽光発電においてはセーフの日です。熱に弱い太陽光パネルが存在することからも、太陽光発電がどれほど純粋に太陽光の光だけを求めているかわかります。

寒冷地でも太陽の光さえあればいいと前述しましたが、冬になり雪が増えるような土地も、一年を通して雨の多い地域よりは支障が少ないことは確かですが、完全に太陽光向きの土地とは言えません

降雪量が多かったり強風が吹いたりと天候の荒れが大きいことは、常に屋根の上に晒したままとなるパネル自体の破損にも繋がるため、晴れの日が多いだけではなく、天気が安定しているに越したことはないというのが現状です。

穏やかな晴れの日と相性がいいのは、生物に限った話ではなく無機物の太陽光パネルも同様なのです。

天候の変化はどう頑張ろうと人間にはどうしようもないことですから、自分の住むエリアが太陽光発電に向かない天候的特徴を持つと判明したならば、設置を諦めるか利益を求めるのを諦めるか、さもなくば引っ越しを考えるかしかありません。

自然という不確定要素に全てが左右される点は、太陽光発電にある最も大きな問題点ですから、研究によりその課題がクリアされる日が来るのを待つより他ないのです。

天気関係なく発電が行えるという段階まで太陽光発電が進化した時、それはあらゆる発電法の中で最も魅力的なものになるに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です